| main |
--.--.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む
Category: スポンサー広告
2016.08.28 Sun

里親さん募集中 子ネコ4匹の今日

何かをチュウチュウ、ペチャペチャ
吸う音がしたので見たら、、、、



ウシコのお腹に
チコリとバジルが激しく吸い付いていました

無理矢理母性を目覚めさせられてしまったウシコです↓

P7230053_convert_20160828214440.jpg


チコリと↓

P7210089_convert_20160828220421.jpg


バジルに↓

IMG_2120_convert_20160828214721.jpg


アニスは↓

P7230016_convert_20160828215926.jpg


我関せず↓

P7230011_convert_20160828215832.jpg


よく遊び
よく食べ
よく寝ています。

この子たちを家族として迎えてくださる
里親さんを募集しています、

どうぞよろしくお願いします!
続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)
2016.06.10 Fri

子ネコ合唱団

茶トラの男の子3匹と
キジトラの女の子2匹の兄妹が今週のはじめ
入園してきました。




全員健康、
ヒトにも慣れていて
お世話がとても楽な子たちです。

P5090033_convert_20160610230310.jpg


P5090034_convert_20160610230406.jpg


子ネコ部屋に入ると
一斉合唱でお出迎えしてくれます。

12日、日曜日に
小諸ハローアニマルにて
譲渡会があります。

この子たちも含め
子ネコが11匹参加します。

ご縁に恵まれますように。

P5070006_convert_20160610230632.jpg

続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)
2016.02.29 Mon

ネコと車

そらねこ会のカレンダーに
素敵な絵を提供してくださっている、
画家のハナサトミツキさんから
ネコへの思いやりに溢れた
ほっこりするムーブメントを教えてもらいました。


猫バンバン


アジトには
車庫を住処にしている、1匹のキジネコがいます。

車の窓ガラスに
にゃんポイントの足跡マークを付けてくれたり
たまーに
野ネズミのプレゼントをしてくれたりします。

大量の猫缶などを買って帰って来たある日。

1度では運びきれず
ハッチバックを開けたまま
荷物を持って家に入ったら
用事をしているうちにそのことをを忘れ
数時間たって閉めたことがありました。

翌朝、出かけるため
車のドアを開けた瞬間
ネコが中から飛び出してきたので
もうびっくり!

起こった事を把握するのに
数秒かかりました。

開きっぱなしのハッチバックから入って
車の中の探検を楽しんでいたキジちゃんは
ふいに現れた私がドアを閉めたために
そのまま一泊するはめになってしまったのでした。

その後しばらくの間
キジちゃんからの警戒の眼差しが痛い日々が続きました。


















続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)
2016.02.23 Tue

人間力

このブログは
ネコのことだけを書くつもりで始めたのですが
今回初めてヒトのことを書いてみようと思います。

私は3年半前から
THE ARK COMPANYを主宰されている
安田隆先生のもと
神秘倶楽部(と当時は言っていました)というコースで
修行を始めました。

安田先生がおっしゃっている、
「0になる」ということが
どういうものなのか知りたかったのです。

生きていると様々な問題が
途切れなくやってきます。

不安や心配、
ときには絶望的な気持ちになったりしながら
それでも
生きるのをやめるわけにもいかない。

苦しかったり
悲しかったり
うまくいかないことばかりでも
その中に幸せを感じたり
みつけたりして生きるのが人間。

そんなふうに人生をとらえていました。

でも安田先生の書かれた本を読み
もしかしたらここに
全く思いつきもしなかった
新しい道があるのかもしれない、と
ARKに通い勉強をすることになりました。

それまでもネコは好きで何匹か飼っていたし
子猫を拾ったら
里親さんを探し
近所のノラネコの不妊手術をするなど
自分でできるネコの保護活動はやっていたつもりでした。

また、自分の手に負えないようなことまで
やるつもりはなく
それでいいと思っていました。

そんなゆるい私が
ARKで修行を始めてまもなく
そらねこ会の主になるメンバーと知り合い
気がついたらどっぷりはまり込んでいました。

そらねこ会の活動と
ARKの修行で
自分の甘さや
偏った愛情で
無意識にネコを選別したりする自分を思い知らされ
とても苦しい時期もありましたが
そのおかげで
1つ1つの小さな命と向き合うことができるようになりました。

以前の自分だったら
浅間お母さんを看とるなんて
できなかっただろうと思います。

私を頼られても
何もしてあげることはできない、
私にはそんな力はない、と
ごめんね、と言って泣くとか。

笑ってしまいますね、こんな人間。

私がネコなら
こら、人間しっかりせい!って言います。

これからもネコたちから
つっこまれないヒトを目指し
ネコの味方を増やしたいです。

このネコの味方を増やす、っていうのも
安田先生が言って下さったことです。

シンプルで
わかりやすくて
大好きな言葉です。

そして私が学ばせていただいてきたARKは
今年から
人間力開発塾となりました。

人間力
高めていけるよう
がんばります。





続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)
2016.02.22 Mon

看とれるしあわせ

今日は
にゃん・にゃん・にゃん
ネコの日ですね。

世の中は"空前の猫ブーム"なんだそうで
いろんなメディアやCMで
ネコがもてはやされてます。

これにのって
ネコの味方が増えてくれたらいいなあ。


今日は
1月31日に旅立って行った1匹のネコのことを書きます。

浅間お母さんと呼んでいた、ヒト慣れしていない
地域ネコでした。

訳あって
一昨年の終わりごろから
アジトで暮らすようになりましたが
家ノラ状態で
ほとんど姿をみせてくれることはなかったです。

そんな浅間お母さんが
ヒトの近くでじっと座っているようになりました。

とは言っても
ちょっとでも間合いを詰めると
逃げてしまいます。

なるべくそっとして
声をかけるだけの日々がひと月ほど続いたころ
なんとなく元気がなさそうなので
もしかしたらカリカリじゃないご飯が食べたいのかも、と
缶詰ご飯をあげてみたら
きれいに平らげました。

10才は軽く超えているはず、と
地域ネコとして暮らしていた浅間お母さんを知るかたに
お聞きしていたので
何かしらの病気であることは間違いなさそうでした。

でも、病院で診てもらうなんて不可能に近いし
仮に行けたとしても
そのストレスのほうがダメージ大きそうです。

ここでできる限りのことをして
看とらせてもらおうと思いました。

私にできるのは
食べさせることだけです。

1つ食べなくなったら
別のものを、
浅間お母さんが食べようとする限り
私はそれに応えようと決めました。

痩せていく浅間お母さんに比例するかのように
私と浅間お母さんの距離はどんどん縮まっていき
撫でさせてくれるようになり
最後のほうでは抱っこもさせてくれました。

旅立つ1週間前には
寝たきりでトイレにいくこともできなくなりましたが
ペーストのフードをお湯でさらにゆるくしたものを
スプーンから舐めました。

最期の3日間は
何も食べなくなりました。

経口補水液を小さいシリンジで口の端にたらしてあげると
ごくん、ごくん
ゆっくりゆっくり飲み、
体を撫でてあげると
浅間お母さんが楽になったように感じました。

その後静かに
浅間お母さんは向こうに逝きました。



弱ってきてはいたけど、まだそんなに近づけなかったころの
浅間お母さんです↓

浅間おかあさん1

浅間おかあさん2


私を頼ってくれて
看とらせてくれて
ありがとう。




続きを読む
Category: 未分類 Comments (0) Trackbacks (0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。